空白
中央クリエイト 会社概要 補償関連事業部 海外事業部 健康食品事業部
空白
補償関連事業部補償コンサルタント環境調査測量地質・土質調査構造物診断 ホルムアルデヒド、TVOC測定

室内空気測定(ホルムアルデヒド・TVOC測定)

当社においては、アクティブ法ならびにパッシブ法に関する溶出分析は行いませんが、各方法を依頼内容に基づいて吟味し、最良の検査機関、検査方法を選ぶお手伝いをいたします。


基本的な室内空気測定の実施方法

1.室内空気測定の前に

1−1 室内空気測定の目的

 

室内空気測定とは、新築または改築後の建物においてシックハウス症候群の対策として実施する、法令で定められた化学物質の濃度測定です。シックハウス症候群は、建材や家具などに使用されている化学物質(揮発性有機化合物(きはつせいゆうきかごうぶつ VOC Volatile Organic Compounds)が主要因とされ、目や鼻の痛み、頭痛・めまい・吐き気といった症状があらわれます。

1−2 室内空気測定の2つの方法

 
  • アクティブ法(吸引方式)

    小型ポンプを用いて室内空気を強制的に捕集管に通気して化学物質を捕集する方法です。捕集する時間帯は、一般的に気温が高くなる午後2時〜3時頃です。部屋の中央部1箇所で、床面より1.2〜1.5mの高さで捕集します。

  • パッシブ法(拡散方式)

    簡易方法とも呼ばれ、小型捕集管を室内に8〜24時間静置して室内の化学物質を捕集する方法です。この方法は現地での捕集作業が容易なため、集合住宅など多地点で同時測定を行う場合に用いられます。

1−3 室内空気の測定基準

 

室内空気の測定基準は、厚生労働省の"室内空気中化学物質の測定マニュアル"が標準方法とされていますが、測定対象となる建物の種類によっても測定内容が定められています。

1)厚生労働省:一般住宅・集合住宅の測定基準
新築住宅法は、室内空気中の揮発性有機化合物の最大濃度を推定するのが目的であり、居住住宅法は、居住、平常時における揮発性有機化合物の存在量や暴露量を推定するのが目的のため、新築ならびに改築住宅と居住住宅では測定時間が異なります。

 

@測定方法

アクティブ法(吸引方式)

 

A測定物質

13項目(ホルムアルデヒド・VOC等)

 

B測定準備

新築もしくは改築後の一般住宅・集合住宅
 ・・・換気30分間以上密閉5時間以上
居住している一般住宅・集合住宅
 ・・・換気・密閉不要

 

C測定時間

新築もしくは改築後の一般住宅・集合住宅
 ・・・30分間(午後2時〜3時を含む)
居住している一般住宅・集合住宅
 ・・・原則24時間(午後2時〜3時を含む)

 

D測定箇所

居間・寝室・外気(2室以上と外気1ヶ所)

2)文部科学省:学校環境衛生の測定基準

 

@測定方法

パッシブ法(拡散方式)またはアクティブ法(吸引方式)

 

A測定物質

6項目(ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・パラジクロロベンゼン・エチルベンゼン・スチレン)

 

B測定準備

換気30分間以上密閉5時間以上

 

C測定時間

パッシブ法(拡散方式)・・・始業から終業まで8時間以上で1回
アクティブ法(吸引方式)・・・30分間(午前と午後それぞれ1回以上)

 

D測定箇所

普通教室・音楽室・図工室・コンピュータ教室・体育館等測定を必要と認める教室。各階1部屋以上。

1−4 参考資料・参考法令

 

●厚生労働省

シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会提示
「室内空気中化学物質の測定マニュアル」
「室内空気汚染に係るガイドライン案:室内空気に関する指針値」
「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称:ビル衛生管理法)」

 

●国土交通省

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)
住宅性能評価制度
建築基準法に基づくシックハウス対策について

 

●国土交通省 大臣官房 官庁営繕部 整備課

公共建築工事標準仕様書(建築工事編)
"化学物質の濃度測定"

 

●文部科学省

学校環境衛生の基準

 

2.室内空気測定の実施手順

2−1 アクティブ法(吸引方式)による測定

 

1)測定前の準備
測定を始める前に、調査対象箇所(部屋)については換気(開放)と密閉を行ないます。
@換気(開放)
測定日当日の朝、30分以上の換気を行ないます。窓、部屋に備え付けのロッカー等は全て開放します。
A密閉
換気(開放)後、5時間以上の密閉を行ないます。窓、扉は完全に閉め、部屋に備え付けのロッカー等は開放した状態にします。

 

2)アクティブ用サンプラーの設置
@三脚を立て、吸引ポンプを設置後、室内の中央部、少なくとも壁から1m以上離し、高さ1.2〜1.5mに設定します。(文部科学省「学校環境衛生の基準」では、机の高さ、体育館は1.5mの高さに設定)
A室外においては外壁および空調給排気口から2〜5m離し、室内の測定高と同じ高さに設定します。
B設定後、吸引ポンプにアクティブ用サンプラーを装着します。

  アクティブ法VOC用設置例 アクティブ法アルデヒド用設置例 アクティブ法設定例
 

アルデヒド類用サンプラー:DNPH誘導体化捕集管(GL-Pak mini AERODNPH、ジーエルサイエンス製)

 

【採取物質】

ホルムアルデヒド

アルデヒド類用サンプラー
 

VOC類用サンプラー:溶媒抽出用捕集管(Charcoal Tube、柴田科学製)

 

【採取物質】

トルエン
キシレン
エチルベンゼン
パラジクロロベンゼン
スチレン

VOC類用サンプラー
 

アクティブ法サンプリング用ポンプ(吸引ポンプ)

   

MP-300 (柴田科学製)
MP-100H(柴田科学製)

アクティブ法サンプリング用ポンプ
 

3)温度と湿度の測定
アスマン通風乾湿計を用いて測定を行います。

 

4)採取開始
採取時間は30分間。

 

5)測定終了
捕集したサンプラーをアルミパッケージに戻し、クーラーボックスで保冷します。

 

6)分析機関へ提出

2−2 パッシブ法(拡散方式)による測定

 

1)測定前の準備
測定を始める前に、調査対象箇所(部屋)については換気(開放)と密閉を行ないます。
@換気(開放)
測定日当日の朝、30分以上の換気を行ないます。窓、部屋に備え付けのロッカー等は全て開放します。
A密閉
換気(開放)後、5時間以上の密閉を行ないます。窓、扉は完全に閉め、部屋に備え付けのロッカー等は開放した状態にします。

 

2)パッシブ用サンプラーの設置
@三脚にクリップ等でパッシブ用サンプラーを固定します。天井からつるす場合は、ひも、画鋲、フック等を使用します。室内の中央部、少なくとも壁から1m以上離し、高さ1.2〜1.5mに設定します。(文部科学省「学校環境衛生の基準」では、机の高さ、体育館は1.5mの高さに設定)
A室外においては外壁および空調給排気口から2〜5m離し、室内の測定高と同じ高さに設定します。

    パッシブ法サンプラー設置例 パッシブ法設置例  
 

アルデヒド類用サンプラー:DNPH誘導体化捕集管(DNPHパッシブガスチューブ、柴田科学製)

 

【採取物質】

ホルムアルデヒド

パッシブ法アルデヒド類用サンプラー
      パッシブ法アルデヒド類用サンプラー
 

VOC類用サンプラー:溶媒抽出用捕集管(パッシブガスチューブ、柴田科学製)

 

【採取物質】

トルエン
キシレン
エチルベンゼン
パラジクロロベンゼン
スチレン

パッシブ法VOC類用サンプラー
      パッシブ法VOC類用サンプラー
 

3)温度と湿度の測定
アスマン通風乾湿計を用いて測定を行います。

 

4)採取開始
採取時間は原則24時間。(状況により、8時間以上の測定。ただし、8時間測定の場合は室温が最も高くなる午後2時30分が中央となるように測定を行なう。)

 

5)測定終了
捕集したサンプラーをアルミパッケージに戻し、クーラーボックスで保冷します。

 

6)分析機関へ提出

2−3 トラベルブランク試験と二重測定

 

1)トラベルブランク試験
トラベルブランク試験とは、室内空気測定の試料採取から分析するまでの間に、外部からの汚染を受けていないか確かめるための試験です。試料採取に使用した捕集管と、密栓した捕集管を一緒に持ち運ぶことによって確かめることができます。

 

2)二重測定
試料採取中の配管の外れや、その他のミスを考慮し、同一試料を2回ずつ採取します。同時に二重測定の意味を持たせ、測定値平均とそれぞれの測定値との間に±15%以上の開きがある場合には、原則として欠測扱いとし、再度試料採取を行ないます。
ただし、二重測定については測定対象により行なう場合と行なわない場合があります。
●厚生労働省においては、標準的方法として記載されています。
●文部科学省 学校環境衛生の基準においては、アクティブ法(吸引式)において30分間の測定を2回以上行なうと記載されています。
●国土交通省の官庁営繕部および各地方整備局等営繕部が発注する工事については、測定は1回とし、複数回の測定は不要との記載があります。
●国土交通省の公営住宅測定については、新築住宅(アクティブ法)の場合のみ二重測定実施の記載がありますす。

2−4 分析

 

分析機関では、試験を依頼してから、試験結果証明書が発行されるまで通常1〜2週間程度かかります。

 

厚生労働省検討会;室内空気に関する指針値
 厚生労働省により以下の13物質の指針値が定められています。

  25℃の場合
μg/m3 ppm
ホルムアルデヒド 100 0.08
トルエン 260 0.07
キシレン 870 0.20
パラジクロロベンゼン 240 0.04
エチルベンゼン 3800 0.88
スチレン 220 0.05
クロルピリホス 1 0.07ppb
(小児 0.1 0.007ppb)
フタル酸ジ-n-ブチル 220 0.02
テトラデカン 330 0.041
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 120 0.0076
ダイアジノン 0.29 0.023ppb
アセトアルデヒド 48 0.03
フェノブカルブ 33 3.8ppb

 

2−5 指針値を超えた場合の再測定

指針値を超える要因としては以下の4つのケースが考えられるので、要因の究明と措置をしたあと、再測定を行ないます。

 

1)経過日数の不足
施工終了後2〜3日程度で測定し、指針値を超えたケース。
→ 一定期間の経過と換気(開放)のあと再測定をするか、ベイクアウト(室内温度を人工的に30〜35度まで上げ化学物質の放出を加速させる)のあと再測定を実施します。

 

2)換気の不足
換気30分以上、密閉5時間以上という基準で実施したとものの、前日から密閉するなど密閉時間が長時間に及んでいて、指針値を超えてしまったケース。
→ 換気30分、密閉5時間で再測定を実施します。

 

3)使用材料の影響
内装の仕上剤や接着剤によるものが考えられるケース。
→ 床、天井、壁の内側に要因があることが多いため、推測のうえ、ベイクアウトのあと、再測定を実施します。

 

4)周辺工事の影響
測定時に同時に行なっていた外気の測定と照合し、外気の状況も指針値を超えるものであったケース。
→ 測定日の状況から要因を推測し、再測定を実施します。

2−6 室内空気測定報告書

    報告書例(調査箇所位置図)報告書例(調査方法)報告書例(測定結果)
室内空気測定報告書

 

環境調査

環境調査TOP

環境アセスメントの体系

環境アセスメントの体系

騒音・振動調査

騒音・振動調査

交通量調査

交通量調査

井戸・水質調査

井戸・水質調査

酸欠調査

酸欠調査

大気汚染(空気環境)調査

ホルムアルデヒド、TVOC測定

ホルムアルデヒド、TVOC測定

臭気調査

臭気調査

 

Chuo-Create Co..Ltd プライバシーポリシー 採用情報 リンク お問い合わせ